百鹿繚乱
131205_2110~01.jpg

江刺の鹿踊の図鑑なるものが出版されました!
こんなの、、こんなのずっと待ってた!!
「THE SASARA」公演に行ったときに会場にこれの製作途中の見本が置いてあり、その場で申し込みをすれば発行された時点で送ってもらえるというので、そりゃもう買いでした。これに出会うためでも、あの日あの公演を見に行ってよかったなぁなんて思いました!

内容は江刺地区に伝承されている鹿踊の団体をひとつずつ紹介するもので、装束を分解した写真まで載ってて素敵すぎます。行山流系と金津流で占めていますね。。紹介されている鹿踊団体も「創始相伝の古い順」となってる所がまた胸が熱くなります。

細かいところまで読めば、この団体にしかない模様、この流派にしかない模様とかが分かって、次から鹿踊の見方が変わる事間違いナシですね。

個人的にカバーを外した裏面がありそうでなかった(?)鹿踊の系統略図が載っていてかなり感動しました!
私もあんまり細かく団体の関係図わかっていなかったので!
行山流ファミリーすごいなぁ…


しし踊りといえば、遠野郷しし踊り図鑑なるものも何年か前に出ておりますね!
これもかなり濃い内容でファンにはたまりません。各団体のししのお顔がずらっと並んでたりもして覚えて見分けられるようにもなります。デザインがすごすぎるので芸術として見るだけでも価値ありですねぇ。
http://www.amazon.co.jp/%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%81%A7%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B-%E9%81%A0%E9%87%8E%E9%83%B7%E3%81%97%E3%81%97%E8%B8%8A%E3%82%8A%E5%A4%A7%E5%9B%B3%E9%91%91-%E4%B8%AD%E9%87%8E%E5%95%86%E5%BA%97/dp/4990527208/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1389881986&sr=8-1&keywords=%E9%81%A0%E9%87%8E%E9%83%B7%E3%80%80%E3%81%97%E3%81%97%E8%B8%8A%E3%82%8A

 
鹿踊り comments(2) -
THE SASARA 2013年公演
131117_1201~01.jpg

11/17に江刺のササラホールで行われたTHE SASARAを見に行ってきました!
第一回と第二回も行きまして、今回の三回目でいったん終了なのだそうです。
でも「鹿踊の演目をノーカットでやる」という試みは素晴らしいのでぜひともまたやってほしいです。それぞれの団体さんの持つ演目の再確認や復活などにも貢献していると、聞いたことがあるようなないような… 妄想だったかな…

写真、ビデオ撮影は一切禁止でしたので、ロビーに飾ってあった地ノ神鹿踊の衣装のみです↑。
どうしたら横向きに貼れるのかわかりません(わかってから貼れよ!)
餅田鹿踊さんの鹿踊全身衣装もあったのですが撮り忘れました。。でも「展示用の衣装かなぁ」とおっしゃっていたような気がします… 妄想だったかしら…
公演は、ノーカットだろうがあっという間でした。一切記録できないので目に焼き付けねばなりませんし。
大迫力でした。見に来てよかったーー!!!

出演団体は以下の通りです。演目も。
金津流野手崎獅子躍 (三光の儀)
奥山行山流清衡鹿踊 (礼庭)
金津流井手獅子躍 (島霧)
奥山行山流地ノ神鹿踊 (鉄砲踊)
清水目八鹿踊 (坊主踊り)
奥山行上流餅田鹿踊 (二番庭)
春日流上ノ山鹿踊 (綱踊り)
金津流石関獅子躍 (案山子踊)
金津流野手崎獅子躍 (雌獅子隠し)



野手崎獅子躍さんは、梁川金津流鹿踊という名前から改名したようです。
清水目(すずのめ)八鹿踊さんは宮城県栗原市の早川流という流派の鹿踊です、私お初でした!うわさには聞いてましたが…!!!
は、早い!早いから早川流なんですか?ってくらい、見知った鹿踊とテンポが違いすぎてびっくりしました。早送りで見てるみたいでしたw でも宮城の鹿踊ですし、こちらの方が鹿踊の起源に近い形なんですかね?衣装もバッサバッサしていて異様な雰囲気抜群です。
坊主踊りということで坊主(道化)が出てくるわけですが、気仙沼の早稲谷鹿踊にも道化がいたなぁ!つながりがあるのかなぁ。
道化が女鹿を探してる鹿さんをからかってウソばかり教え、怒らせる、というストーリーのようですが、道化と鹿の会話がかわいくてたまりませんでした。坊主は普通に鹿に話しかけるし、鹿さんも「ウンウン」とうなづいてて何ですかあれ可愛すぎる…。どうでもいいですが坊主の言う「鹿さん」が訛ってて「スカさん」に聞こえて、最初普通にこの鹿のあだ名なのかなと思っていました。

あと初めて見た鹿さんは清衡鹿さんと地ノ神鹿さんでした。やっと見られて嬉しいです。
個人的に、清衡鹿さんと地ノ神鹿さんのお顔が好みだったので見るのが夢でした。背中の「ながし」に和歌が書かれてるデザインもすごく好きで目がハートでした。表現が古い上にかっこいい言い方ができない。
地ノ神鹿さんの「鉄砲踊り」も素敵でした。
鉄砲踊りは以前のTHE SASARAで石関獅子躍さんがやっていました。存在は知ってるものの、なかなか見る機会がない演目です。面白かったのは石関さんの時と若干内容が違ったとこです。倒れる鹿の数も違う。石関さんは(というか金津流は、だと思いますが)中立と雌獅子以外全員倒れて、地ノ神さんは一頭だけなんですね。他の鹿踊でもまた少し物語が違うようで、、全部見てみたい〜〜
ただ、倒れた鹿を憐れむように中立と女鹿が呼応するように唄い合うのは同じで、もう素敵すぎました。
鹿踊って毎回言ってますがほんと歌詞がまた、情感ありすぎて素敵です…。たまらん…。
「友鹿を 一つ撃たれて 泣くな騒ぐな 池のおしどり 池のおしどり」
とか うおお〜…(唸るしかない感想って)
個人的に、倒れた鹿が気が付いて起き上がるときに別の鹿さんが手をひっぱって起き上がらせてあげる所が好きでした笑

石関獅子躍の案山子踊り、すごかった〜〜。案山子に驚いて鹿さんたちが警戒し、なーんだ案山子かぁとわかるまでがやっぱりノーカットなのでいつもよりずっと長いのですが、おかげで鹿のビビり度が増して見えておかしかったです笑。案山子とわかるまで、鹿さん達は太鼓のフチだけを弱い音で叩いていますが、「案山子だったー!」とわかった瞬間ダァン!とでっかい音だすところがいいです。会場がビックリします。

最後の野手崎獅子躍の雌獅子隠しもまた、すごかったー!!踊りは、夏の北上みちのく芸能祭りで石関獅子躍さんが躍ったものと同じでしたが、ド迫力でした。北上まつりの記事でも書きましたが、金津流の雌獅子隠しは奪われた雌獅子を満身創痍で取り返しにいく!っていう感じがたまんないのです。かっこいい…!
雌獅子を取り返したあと雌獅子が一人で狂いますが、あまりにも力強いので守られてるだけの女じゃないぜー!って見えてかっこいいです笑。むしろ「本気出せば一人で帰れるけど」とすら感じます。


マニアックなイベントなのかもしれませんが、会場を見ると地元の方々もいっぱいいて、地元の芸能が愛されてるんだなぁ〜って感じました。いいなぁ…うらやましい…。
それと、もうすぐ江刺の鹿踊の図鑑ができるみたいなので届くのが楽しみで楽しみで仕方ありません。
遠野郷の幕踊り系鹿踊の図録なら出てますが、とうとう太鼓系で出るんですね。これもう垂涎ものですよ。

それと、会場で縁あって頂いた山形のシシ踊りのチラシを見て、、、
いやあ…存在は少し知ってたんですけど、自分が思った以上にいっぱいあるようで…結構衝撃的でした… これは…いつか見に行く鹿…!!!!


会場でお話ししてくださった方々、本当にありがとうございましたー!

 
鹿踊り comments(2) -
行山流舞川鹿子躍

10/31の「北海道・東北ブロック民俗芸能大会」in福島で見た
行山流舞川鹿子躍(ぎょうざんりゅうまいかわししおどり)

舞川さんは岩手県一関の鹿子躍(ししおどり)です。一関駅の新幹線ホームに行けば鹿子躍のマネキンに会えます。しかしその存在は知っていても、踊りを見たのは初でした。
これまで行山流も金津流も春日流もとりあえずは見たことがあったのでなんとなく大まかなイメージは掴んだと思い込んでいた節がありましたが、ここの近所の大東高校鹿踊や舞川さんをみて、鹿踊のこと私まだ全然知らないんだァァアと気づかされました。
少しは深いとこまで来たかなと思ったらまだ浅瀬だった!みたいな。
行山流には山口派とかもあるしまだまだ勉強中です。(舞川さんは山口派ではないそうです!)


舞川さんの中立と女鹿の衣装、、井桁つなぎではなく輪っか!はじめて見た。それに頭のてっぺんにある華鬘(けまん)結びが赤くない!不思議な感じがします。女鹿さん顔かわいい。三ヶ尻さんとこの女鹿さんもこういう可愛い顔だったなぁ。
あと袴の柄が派手です〜!
舞川さんとわっかの紋の関係は分かりませんが、わっか(=輪違い紋というらしい)の由来を調べてみたら、仏教的意味の他に、輪を二つ以上組み合わせることで『この世はひとりで生きることは難しい。ふたり以上互いに組んで生きてゆくこと』というような意味があるらしく、8人一組の鹿子躍にぴったりだな〜と思いました。そういう理由でつけたわけではないかもしれないですが、そうだったらロマンだな〜^^


↑袴の柄の違いは、中立&女鹿とその他の鹿、という区別ではないんですね。


 ↑バチをクロスする所作が個人的に好きなんです。他の団体でも見かけますが、限られてる気がします??


↑この一人狂いがかっこよくて!!バチをスイー…と前にやる所作(説明下手)が!こういうのは江刺の鹿踊を見慣れていると新鮮でドキっとします。


↑こういうバチの所作が好き。ササラは地に打ち付けるというよりくねらせて地に着かせるみたいな感じ


↑三人狂いがまたかっこいい!ギョー!?この所作は鹿踊ではじめて見ました。躍りっていうか、舞ってるみたいだ…!


↑ササラを横に突き出すような、こういう所作もこことか大東高校鹿踊でしか見たことがないです。面白い〜


↑最後は中立が全体の位置を綺麗に整えます。横一列なのか〜!鹿踊のこの「引き下げ」(ですよね?)が私はとても好きであります。家族的でイイ…


・・・やめようと思ったのにまたダラダラ語ってしまった。
好きだから仕方ないってことで・・。
鹿踊り comments(8) -
澤目獅子踊り


9月の「もりおか郷土芸能フェスティバル」の澤目獅子踊り写真集?
アンマリ素敵だったもので!!
岩手のシシ踊りといえば幕か太鼓かに大別されると言われているしそう思っていましたが、盛岡のシシ踊りを見て「鹿踊り」カテゴリに入れてよいものだろうかとちょっと躊躇しました、が どうせ私には判断できませんのでシシ仲間として入れてしまいます。
シロートの私の印象としては、鹿踊りのカテゴリに入るのかさんさ踊りのカテゴリに入るのか、と悩む感じでした。まるで幕系鹿踊りとさんさ踊りが同居したかのような…その上団扇もいて、念仏剣舞カテゴリでもオッケー…?ああ、面白いなぁもう。なんだか芸能大家族のようだ。
ちなみに、澤目獅子さんの団扇は「唐団扇」と書き「とちわ」と読むそうです。この時すでにデジカメバッテリーが瀕死だったため乱れ打つように撮ることが出来ず残念・・。というかビデオを持っていかなかった…悔…!

さて↑の一枚目の写真ですが、踊りに入るまでが長く、両舞台袖に踊り手が一礼をした状態のまましばらくお囃子が続きました。ずっと礼をしたまま静止していました…(結構つらいのでは!)、その空気がまた独特でとても雰囲気がありました。静止してるのにブレ写真かよ、というツッコミはナシの方向で。


道化(一八)が若干おちゃめな風に写ってますが(笑)いやすごいカッコイイ…。
獅子も太鼓の方々も腰が落ちてて、ほんとカッコイイ!!


幕の振り方も勢いがあり、気迫があって、すごく鍛錬されてる感じが…!


踊りの合間合間はこうして静止しています。
次の踊りが始まりそうになると、すー…と腰を落とす、、かっこいい!!


まるでさんさ踊りではないか…。面白い…おもしろいなぁー!そしてこの腰の低さ、くねり具合、とても好みです!私の勝手な印象ですが、さんさ踊りにはとにかくくねる団体さんと背筋をのばす団体さんがいる気がします。わたしはくねり派です(笑)


この名前がわかりません!「ささら」でしょうか?岩手の「ささら」は色々ありすぎです。このお二方がもう、かっこよくてかっこよくて!!くねりながらジャッジャッと。美しい!!


見るからに激しい踊りというわけではない印象ですが、でも静かではない…見えないところでものすごい激しい「何か」を感じるような芸能でした。多分踊ってる方はかなり疲れると思うのですがそう感じさせないのは技術だと思います。だいぶハートを射止められました。
衣装も文句なしに美しいです。全体の色合いからして素敵です。幕踊系の獅子さんはとにかく冠(正式名称は知らない…)が美しい…!ため息出ます…。冠だけでなく袴もキラッキラ…。まぶしい…!!もちろん顔も最高です。ハンサムすぎです。気になったのは太鼓の方々の履いてるのがストッキングみたいに見えたことですかね笑



鹿踊り comments(0) -
行山流口内鹿踊り
08年北上まつりの口内(くちない)鹿踊さんは女鹿隠しをやってくれました。
嬉しい!大好きです!
太鼓系、幕系含め全部の鹿踊りの女鹿隠し見てみたいです!

口内鹿踊りでは女鹿は正面に隠すのですね、脇の方かと思ってました。その上、口内鹿踊の旗持ちの方もまた正面に待機されてたので、真正面のど真ん中に場所をとったお客さんはちょっと不憫だったかもしれませんね…。目の前に女鹿の背中があるのも素敵ですが^^

2頭の鹿が女鹿を隠しています


1頭の牡鹿が女鹿を奪いに来ます。
にらみをきかせている牡鹿さん。

初めて見たときは女鹿の相方の中立が奪い戻しに来てるんだと思ってました。中立さんが来るのは最後、今は画面左奥にじっと待機しておられます。


さらににらみをきかせる牡鹿さん。


しかし2頭の牡鹿に簡単に撃退されてしまい…


ぎっ…!

っと撃退先から牡鹿をにらみ返す、この構図がす、素敵だー!と思いました。このための縦構図なのでは…っ。正面に座っててよかった!
3回同じように撃退されるため3度この構図が観られます、何度見ても飽きない…!

形成は逆転し撃退していた方がされてしまいます。そ、その時、撃退された鹿のササラが中立さんのお腹を直撃

ちなみに2頭目は中立さんのアタマを直撃… ご愁傷様です。
しかし、形勢逆転の場面がどうにももう面白おかしくってたまらなかったです!ユーモアありすぎる…!き、気づけ〜(笑)。おかげでニヤニヤ見てる怪しい人になってしまいました。団体さんによってシナリオが違うのでしょうか、、ますます他の女鹿隠しが気になりました。

とうとう中立が女鹿を奪い返しに来ます。オーラが違いすぎて勝敗は目に見えてます、といった感じでした。


奥が中立さん


中立&女鹿で牡鹿を撃退。
実は女鹿が一番強いのでは…



ササラがしなやかなぶん、絡まってしまうシーンがしょっちゅうありました。どうやらその時折れてしまったのでしょうか…途中旗持ちの方がささーっとササラを補強していました。ハプニングとはいえ、淡々とすみやかに対処する感じがさすがというか… やっぱり素敵だとつい思ってしまうのでした。
補強のためタオルをササラに巻いてる鹿さんがまたかわいくて素敵でした。
鹿踊り comments(2) -
BS de 大東鹿踊
今度は大東鹿踊がBSの番組に出るという情報が!
う、嬉しい〜!
にっぽん熱中クラブ」7/4(金)22:30〜

という番組だそうです。

これまたバックナンバーをみたら面白そうなものばっかり。
部活って、私も学校生活で一番好きでした。部活があるから学校に行ってたなぁ。部活以外のとこでは目も当てられない状態だったので(主にせいせきというものなど)
素敵な番組があったものだ〜

大好きな大東鹿踊がテレビで見られるなんて夢のようです。
楽しみ!
この勢いで是非とも岩手の郷土芸能部を網羅しちゃいなよ!


追記:
見ました!目をキラッキラさせて見てしまいました。うわぁあいいなぁ〜〜…いいなぁ〜〜〜うらやましい…!!みんな鹿踊りを好きで踊ってるのが本当に素敵でした。女子ばかりでも、シシの時は男になる!って、……いいなぁ(それしか出ない)
小沼鹿踊りもちらっとですが見られるとは思ってなかったので、うわぁ!と思いました。初めて見た…。一度は目の前で見てみたいものです。

しかしあの袴の紋、カニだったのか…蟹牡丹という紋があることすら知りませんでした。
鹿踊り comments(2) -
青笹しし踊り
また2006年の写真。
青笹さんの踊り子さんたち

完全統一された衣装も好きですが、こうして個人個人で柄の違うのを着てたりするとまた作った過程のようなものが見えてくる気がして、いいなぁ…とじんわり見とれてしまうのでした。いちいち本当に素敵な柄です。
クリックするともうちょっと大きく見られます。
鹿踊り comments(0) -
大東鹿踊
去年撮ったデジカメ動画です。たいした容量のSDカードを使用していないので長いこと撮れないのでまたしても数秒…いつか真正面から堂々と撮ってやるんだー!
ものすごく前の人のアタマが邪魔なことになっています。まぁそれは受け流すとして、、舞台の照明の演出が好きです、シルエットが…!狙ってるんだとしたら粋なことするなぁと思いました。
高校生がやっている事を筆頭に、この歩き方(そもそも歩く…!?)とか飛び跳ね方(足どこまであげるんだ…?!)とか… なんだこりゃあ、、また別ジャンルの鹿踊りかと思うほどびっくり・感動でした。
普段見てきた鹿踊りを知っていると断崖とかに生息する野生の若鹿のように見えて仕方ないですね。




待機姿、背景の影、そして垂直に垂れたこのへんがまた芸術的です。
鹿踊り comments(2) -
ディオールと鹿踊り
たまたまクリスチャンディオールのコレクションの特番をみていました。
ファッションショーの。
普段着とは逸脱したデザインで出てくるのでファンタジー映画みたいでもあり見ててとても面白いのですが、欧州のデザイナーはやっぱり東洋モノとかジャポニズムとかに興味もつことが多いみたいですね、着物のデザインを取りいれたファッションなんかもよく見る気がします。私はそういうのは、どうアレンジしてももとの着物のデザインや味の良さに勝てるわけがないとつい思ってしまうタイプでもあります。日本人と、日本の風土、風景、空気があってこその和服美だと思うんです!
なのでスターウォーズの女王様を見るような感覚で鑑賞していました。

そしたら鹿踊りが出てきました笑

日本の着物や、岩手の鹿踊りから取り入れたデザイン…とか言ってましたがシルエット的にまんま鹿踊りじゃないか、っていうのが突然出てきて(正直吹きましたが、、、)ささらも床に打ち付けていました
こんな印象↓


一瞬しか映らなかったのですが、逆にそれでホッとしています。本物の衣装美に勝るわけがないというのは伝統芸能も同じです。

ただ、感受性豊かな世界的ブランドのデザイナーの目に止まったんだと思うと、改めて鹿踊りの造形の美しさは半端ないなあと思ったのでした。ジャポニズムに興味があるなら、是非とも日本全国片っ端から伝統芸能を目の当たりにしていってもらいたいものです。そんなの私がやりたい・・
鹿踊り comments(0) -
青笹しし踊り
遠野市に伝わる幕踊り系のしし踊りの動画です。
岩手のししおどりというと幕踊り系と太鼓系に分かれますが、この2種が同じ県内に同居してるのが不思議だなぁとつい思ってしまいます。全然違うのに…。

06年のデジカメムービーです。これだけで青笹さんと分かったらすごいってくらい見づらい動画ですね。幕踊り系しし踊りはこんな感じという雰囲気だけでも味わっていただけたらと思います。しかし暗い…

シャラシャラとなびくカンナガラ。踊った後はたくさん落ちている… そのままにしておくのも、ここで踊ったという余韻がいつまでもあって良いと思うんですけどね。
今年(青笹さんじゃないですが)この装束の頭の部分を被る瞬間を見て、結構な衝撃を受けました。着付けからして美しいです。昔の日本人のセンスは底知れないです。



これはあとで調べたところ「柱がかり」という演目…かな…?(自信なし)なにせ何の知識もありませんから(涙)。ヒトは「タネフクベ」という役みたいです。もっと気合入れて目の前でガツンと見てみたいものです。それまでの踊りで落ちたカンナガラを拾い集めて束にして柱に結びつけるらしいです…ああ〜面白いなあ〜
演目名が合ってるならこのあと獅子は3頭になってからまるみたいです。…もう忘れてしまったー。まぁ記憶力悪いと毎年新鮮ですけどね


幕踊り系のしし踊り探索はまだあまり冒険していません。9月は花巻祭りか遠野祭りかというのもまた苦渋の選択…(そしてどっちも行けてない現状)
というわけで、過去の記事もちょっと修正しました。早池峰しし踊りというより正式には上柳しし踊りだった・・
鹿踊り comments(0) -
| 1/2 | >>
Material by 歪曲実験室。
Template by malo pismo
Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.