永井大念仏剣舞

08年9月に盛岡で見たイベントで、初めて永井大念仏剣舞をみました。

down客席後ろから登場するので間近で見られました(毎年恒例だそう?)。衣装が素敵衣装が!雰囲気作りからして完璧です。


芸能に興味を持ち出した頃ひたすら見るのを後回しにしてきた剣舞モノに、ここに来て興味津々です。目に見えない何かが空気に漂っているようにも感じます…説明が出来ませんが、たまりません。わけもわからずワクワクしてくる。まだまだたくさん見ないと謎ばかり。

down舞台に上がる時1人1人礼をしてから輪に入っていく素敵な演出です。


配置も綺麗!踊子は扇や太刀、唐団扇など…。会場で盛岡の芸能の雑誌を買ったのですがそれによると「鐘張り」「ふくべ」もいるようです。ふくべ…いたっけ(コラー) 鐘張りってなんだろう?
太刀も、扇も、太鼓もびんささらも全て美しい舞でした。なんて美しいんだ…なんて美しいんだ〜!そして何だかとても家族的、、と思えました。
大笠が舞っている時に全員見守ってる感じとか…^^down


この芸能、単純に供養のために生まれた、としか思っていなかったのですが由来が「梅若丸の供養のため」だそうで、エー!!!?とびっくりしました。初心者もいいとこですが、私は能の「隅田川」が大好きなのです。人さらいに遭った梅若丸を探し続けている母が、隅田川で少年がすでに病死していた事知る、というようなとても悲しい話です。まさか遠く離れた隅田川に由来しているとは…。ますますこの物語に思い入れができるなぁ

またいつか絶対見たいです。その時は歌にも耳を傾けてみようと思います。聞き取れたら!
剣舞 comments(0) -
Comment








Material by 歪曲実験室。
Template by malo pismo
Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.