3.11地震

信じられない災害から一週間たちました。
被災地の方の心がいつ落ち着くことができるのかと思うと、心が痛みます。
ここ関東からでは、被災地の様子をただテレビを通して見ている事しかできません。
今わたしができることは募金しかありません。

沿岸部で被災した高齢の方が、「もうここには住みたくない」と言っていて心が痛みました。被災者への救援だけで終わらず、三陸全体の復興にも、末永く日本全体が東北を意識して協力してくれることを祈ります。



メモ comments(2) -
Comment
鹿踊マニアさん>
返信が遅れまして大変失礼いたしました、、返信し忘れてしまってました。大ばかもの〜
岩手の状況は、石関さんの掲示板などでも確認させていただいてました。マニアさんは物資輸送をされたそうで、お疲れ様でした。テレビで観るだけでもあまりの事に言葉をなくしましたが、マニアさんを始め内陸部の方の声もまた悲痛で辛いものがありました。震災から3ヶ月がたっても、現地はまだまだ落ち着けることができないと聞きました。これからも目を離さずに行きたいです。
from. 片栗 | 2011/06/10 7:24 PM |
おはようございます。 岩手県沿岸部の被害は甚大・・・毎日のように沿岸部に支援物資輸送をしています。 昨日は陸前高田に行ってきました。 大船渡は間違いなく復興できるものとおもいますが陸前高田は・・・十年単位の時間がかかるのではないでしょうか? 内陸部の被害は道路が主ですが、燃料不足がまだ続いています・・・。 燃料不足がなければ作業は進むはずですが・・・。 物資はだいぶ届いているのですが、末端の避難所まで十分に届いていない現状です。 今日は雪降り・・・岩手県内陸部では節電や暖房規制など・・・。 岩手県全域が被災地であるのは変わりませんが、何としても沿岸部の復興が一番です。 被災後初めて物資輸送に行ったときは絶句でした・・・何も言えませんでした・・・今は少しでも役に立てれている事がせめてもの救いです。
from. 鹿踊マニア | 2011/03/28 9:14 AM |








Material by 歪曲実験室。
Template by malo pismo
Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.