東北六魂祭
一日目に行ってきました。
ものすごい人手と、警備員不足というか誘導不足とか、パレードやむなく中止とかあったけど、いやぁでも、、この企画が決まった時から、もうその心意気に感動しまくってました。こういうことできたらいいよね、じゃなくて実現しちゃうんだもんよ、、すごいよ…すごすぎる事だよ…だって竿灯とねぶたとさんさと花笠を全部見るなんて本来だったらものすごぉおおく強行スケジュールじゃないとできないじゃないか…!!!
結局やっぱり私のような県外の東北ファンがひたすら元気をもらってしまうのだった。

あまりの人で、ほとんど見えなくてパレード会場も遠〜〜くからビデオカメラを超ズームにしてそこから見てたりしました笑


以下ケータイ写真より
↓さんさ踊りの方と竿灯と飛行船


↓これに明かりが灯るときれいなんだろうなあ


↓伊達政宗ねぶた 少し小さめなのかな?


↓折りたたまってる竿灯



以下はビデオのキャプチャーなので画像荒い
パレードの前にステージでちょっと各県披露していたのを見てました。もうすでにこのときからパレード会場も場所がなくなって行ってたことなど知らずに。

↓秋田竿灯祭り
夜見るのが夢だったので、ここでは「まぁ後で見るし〜」程度の準備運動くらいの気持ちで見ていた


↓倒れましたw危ないけどアクシデントあると祭りだなぁと感じてしまいます
あと、「敵に倒されると一人で起き上がれない」という特徴があるカントウマンをどうしても思い出してしまいテンション上がりました。あ、超神ネイガーのキャラです。


↓おでこで! かっこいい


↓岩手さんさ踊り  今更気づいたんですけど、盛岡の統一さんさはずいぶん女性が着飾ってる印象だなぁと思ってたんですがそういえば笠かぶってないんですね(今更)。だから髪を盛れるんですね。でもやっぱり私は笠かぶってほしい。テレビで「女性だけの踊りではないですよね?」とかコメントされてて、ああ、そういう風に見えるのか…と新鮮でした。確かに盛岡統一さんさは女性的というか、すごく優美な踊り方だもんな〜。 これは笠かぶってる方たち。

↓山形花笠踊り これもパレード用の踊りかしら、、私が学生時代に習ったのはこんなに洗練されてない感じで、そういう思い出があるとどうしてもそっちが好きですね・・。これは両脇にいた太鼓の方がすごく素敵でした。ラスト、なんか「花笠踊り・改」みたいな音楽になってちょっとビックリしましたwなんだろうあれw


福島わらじ祭りはわらじ踊りがあるといってた気がしますが現代ダンスの披露で、仙台は七夕飾りの説明のみでした。福島はともかく、仙台は…私はここでもしかして鹿踊が出てくるのかと思ってたのです。ガビーン

前述の通りパレード会場は近づけないくらいのすさまじい人。すれ違えない、移動できない、押しつぶされる!危険!というわけで彼方遠くから見守る事にしました。はじき出された人たちがいっぱいいました笑。遠くでも、竿灯くらいなら見えるだろ、、その雰囲気を楽しもう。
しかし実際は、近くにいたおじいちゃんが倒れてしまって、周りにいた人みんなで介抱していました。うちわをあおぐくらいですが…。救急車を頼んでるのに全然来ず、来たアア!!と思ったら行ってしまったり(多分別の人を乗せてってしまった…)警備の人もオロオロする始末。結局4台ほど見逃され、一時間待った…。おじいちゃん意識あったから良かったけど、もし打ち所が悪くてこんな待たされたらどうなってたか。良かった〜。
救急車を探しに行ったり道を確保したり声だししたりポカリ提供したりと、いい人がすごくいっぱいいました。

そして遠くにさんさ踊りが見えたのでちょっと人混みに飛び込んでみました。案の定全く見えず、まぁいっか…と思ってはじきだされ場(仮名)に戻ろうと思ったら「後ろの人が見えるようにできればしゃがんでけろー!」とおっちゃんが叫んだらみんなしゃがんで、さんさを見る事ができましたよォオ!感動した!拍手も起きました笑
その時の動画↓
<
お祭り・イベント comments(0) -
Comment








Material by 歪曲実験室。
Template by malo pismo
Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.