2011年北上みちのく芸能まつり
 今年で第50回め!去年、節目だと連呼してたので何かするのかなと期待したもんです。見にいけなかったけど冬にプチ北上祭りのようなイベントやったり、50日前(?だっけ)イベントやったり、そして本番のイベントには、祭り会場ループタクシー運行とか(感動した)、去年より会場増しとか、東北の他5県から芸能招待どころか国指定文化財がゾロゾロというすごすぎる事を…!やっぱり色々やってくれました、北上市ありがとう!(…って、よく見たら福島県の芸能団体さん、キャンセルになっちゃってたみたいですね…!スケジュール発表された時も遅くまで決まらなかったようなので、日程がうまくいかなかったのですね…残念です・・!)
早い時期からすでにあまりにも宿がなくて(インターハイの影響のようで)、青ざめたりしていました。行けてよかったほんと…


以下、忘れないための自分用覚え書きです。相変わらずダラダラ〜っと長いです。
- 一日目 -
鬼剣舞公演、開始時間が去年より早かったと思うんですが、そのおかげで仙台で昼食を10分で食べなければなりませんでした(笑)。「40秒で仕度しな!」と友人と言い合い急ぎましたが、「あ、電車間に合わない、もう無理…」と思って諦めました。…諦めたら、なんだかするすると食が進み、あれ?これ間に合うんでね?と会計を済ませてみたら、まだ電車が来ないうちにホームに着いたのでした。なんかこれ、深いね、深いよ!といっそうラピュタが好きになったのだった。
あ、どうでもいい話でしたね。

おかげで北上には余裕のある時間に着けたので、さくらホールに徒歩で向かいました。諏訪神社で神楽の囃子に誘われ行ってみると早池峰嶽流綾内神楽の権現舞が。これから胎内くぐりをやるというので、個人的にも今年はちょっとやっかいな病気してしまったので、初めて参加してみました!すごく緊張しました!何よりあの舞台に上がるのが笑  頭も噛んで頂きました、権現様、ありがとうございました。
そこからまた歩いていくと、さくら野前で芸能が。ハッ、鹿踊ではないか…!口内鹿踊さんだー!お歌が聞きたいっ!と思い、またしばらく鑑賞していました。本当に素敵な歌声です。まるでロックな太鼓も大好きです。

色々寄り道したせいで、余裕があったはずなのに結局さくらホールにはギリギリ…いやちょっと遅れてやっと到着しました。
カッカタは今年も岩崎鬼剣舞なんですね。ところで陰囃子って何だろう。おちゃめでかわいいです。今年は舞台から落ちてました笑。 二子のカッカタは卑猥だったよなぁ、でも久しぶりに見たいですが…笑
あと一人加護もやはり岩崎鬼剣舞が。今年も素敵でした。いろんな団体さんの一人加護も見たいと思いつつも、でもやっぱり岩崎さんのを見なきゃという気になります。
狐剣舞も今年も二子鬼剣舞が!不安定な二足歩行ゆえにほんとにバランス崩してコケたりしてて素晴らしかったです笑。わざとじゃない所が、ますます狐が乗り移ってる感じがしてイイです笑。
個人的に、私は素手で踊るとこがすごく好きみたいです。扇や刀で一通り舞ってフィニッシュするまでの間くらいしか素手で踊りませんが、そこがたまらなく好きです。あの手の開き具合といいますか…。三番庭の狂いとか、一人加護での素手で踊る部分とか、めちゃくちゃ好きです。そう思うとやっぱり男性に踊ってもらいたい踊りだなと思いますね。女性もすっごくかっこいいんですけど、やっぱり面をしてても分かっちゃうもんなんですよね。
今年、お囃子が…笛がすごくきれいだな!!と思ったとこがあったんですが、どの団体さんか忘れちゃいました…。


−二日目−
今年は50回目ということで東北各県の国指定芸能が出演、そうじゃなくともただでさえどこを見るのか苦渋の決断を強いられるのに!…とはいえ、スケジュール発表当時にはいた黒川さんさ踊りや永井大念仏剣舞がいつのまにか不参加になっていたのは悲しい限りでした。またいつかどこかで見たいと思います!
昼は詩歌の森と諏訪神社で芸能を見ました。
森では大東高校鹿踊部行山流舞川鹿子踊伊藤流行山鹿踊金津流石関鹿踊を見ました。大東高校は全国大会にまた出場したのですよね!素晴らしい〜!好きすぎて夜の部でも見ました。大喝采を浴びてました!
伊藤流行山鹿踊は初めて見ました。なかなか見る機会の少ない舞川さんともども、しかも連続で見られたのは嬉しかったです!兄弟関係だそうで(ですよね?)。鹿踊同士での交流はほとんどなかったと聞きましたが、踊りはほとんど同じでなんだか感動しました。衣装は少し違うんですねえ。伊藤流さんは、ササラが都鳥鹿踊と似てる感じがしました。あと伊藤流と称してるのはここだけとも言っていましたね。というか伊藤も行山も流派の名前だし、地名とか入れないのかあ…。
舞川さんは、普段あまりやらない演目というのは次の機会になったようですが期待してます!石関鹿踊さんは去年は見逃しちゃったので今年こそ!と思って見ました。いつ見ても洗練されてますなぁ。詩歌の森で女鹿隠しが見たいですなあ〜!
一ノ関周辺、江刺周辺、花巻周辺の鹿踊の、似てるとこと違うとこを見つけながら見るのが本当に楽しいです。それに加えて震災がきっかけで知ったのは皮肉でしたが、沿岸部の鹿踊にもドびっくりしたり。。見つけたって何故違うのか何故同じなのかとかはわからなくても笑、面白いです。

それから後ろ髪を引かれながらも諏訪神社へ。やっぱり黒森神楽は見たいですよー!
着いた時はちょうど古内神楽をやっていました。演目名はわかんなかったですが、悪鬼退治っぽい感じでした。鬼の面が青くてかっこよかった!
黒森神楽は恵比寿舞という演目。舞というか寸劇のようで面白かったです!すごく会場を和ませてくれる演目なんですね…。鯛釣りの様子とか、釣り針つくりの様子とか面白おかしくて、でも指の先まで舞の神経が行き届いてる所作がきれいで素敵でした。演目上とはいえ海を感じさせる舞でした。保存会の皆さんが笑顔で公演している姿を見てこっちが励まされてしまいました。

夜の部は、例年より1時間以上早くのスタートでした。最初のパレードがないのはちょっと寂しかったですが、節電で、というわけだったんですね。それなら仕方がないです!
神楽大群舞では、権現様が沿道の観客のところに頭を噛みに来てくださったのに奇跡的にスルーされてしまいました。去年と全く同じ目にあってる…ガーン!でも前日、胎内くぐりさせていただいたので大丈夫…きっと大丈夫…。
八戸えんぶり、とうとう見ました。念願だったー!今年青森までほんとに見に行こうかと悩んでいたんですが、今年は雪が多かったので心配になって断念したのでした。チキンめ!実際見てみてますます現地で真冬に見たいと感じました。衣装がとにかく好きで、あとはお囃子が思った以上に軽快ですごく素敵でした。太鼓があれ…ロックですよ…ヘビメタですよかっこいい!そして子ども達が、めちゃくちゃ上手くてビックリしました!!かっこよすぎて感動しまくりでした…なんだろうあの子達すごすぎる。
夜は毎年必ず二子鬼剣舞のアクロバティックを見に行ってたのですが今年は鬼柳鬼剣舞を!去年まさかと思ってたんですが、一人加護をやってくれました。うお〜嬉しい!いつかフルで見たいです!その後膳舞、カニムクリなどなど曲芸中心にやってくれました!やっぱり二子だけじゃなかったんだー。
そしてもうひとつの念願、末角鹿踊。6年前に気になってから、去年さくらホールでやっと踊りを見、素敵すぎていつかビデオに撮りたいと強く思い、とうとう実現しました。鹿のお顔、衣装がとにかく好きです。あと太鼓の2人が素敵!もっと詳しく知りたくなりました。

お祭り全体的に、自分が思った以上に震災の事や沿岸部芸能に対するアナウンスとかなくて、逆に言い過ぎるのもどうなのかという事なのかもなぁと思いました。それか震災の事が日常すぎるのかも。それでも色々な芸能を特別な思いで見ている人は多かったと思います。
沿岸部の芸能が例年と変わらず北上芸能まつりに来てくれた事もすごく嬉しかったです。
少しでも、震災で亡くなられた方々の供養になりますように。
被災された方々や芸能への支援が今後も滞りなく続くよう、募金続けたいと思います。
お祭り・イベント comments(2) -
Comment
>のりさくさん
こんにちは、お久しぶりです!コメントありがとうございました!
のりさくさんも黒川さんさお好きですか?^^  それと狐剣舞、というか鬼剣舞は演目ごとに保存会団体がどう踊るかは詳しく分かってないのですが、二子鬼剣舞はとりわけ狐っぽさに力を入れてるような気がします、声も「コン!」って言ってるように聞こえますし笑。 夜の公演時間には賛否両論ありそうですが、個人的にはお祭りの後ゆっくり飲み食いできたのはよかったです笑。でも夜の暗さと照明の明るさの雰囲気も好きだったので… でも羽虫がスゴイんですよね〜…(笑)。
from. 片栗 | 2011/09/29 10:54 PM |
ごぶさたしております。
黒川さんさ残念でしたね。私も長く観賞してないので見たかったです。
今年はわけあって二日通して芸能は見れなかったのですが‥‥鬼剣舞の全前演目公演で、狐を見て演じる団体が違うとこうも違うのか‥と驚きました。他会場は黒森のみ見に行きましたが確実に年々観賞者数が増えているな〜と感じました!黒森だったからかな。黒森のみなさんは本当にいい表情をされていましたね。夜の公演は早い始まり・終わり‥個人的には今年の時間帯が来年以降も続いてほしい〜なんて思ってしまいました。ちょっと早く終わり過ぎて物足りない感はありましたけどね‥。
from. のりさく | 2011/09/28 9:08 AM |








Material by 歪曲実験室。
Template by malo pismo
Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.