早池峰大償神楽 佐野公演

2012年、栃木県の佐野と足利で2日間にわたって行われた神楽公演です。

私は6/2(土)の佐野市、唐澤山神社での公演を見てきました。17時からの開演でした。

演目は以下の通りでした。

鳥舞
三番叟
山の神舞
笹分
鞍馬
天照五穀
権現舞

まず、地元県でまさか岩手の芸能が見られるとは… というところに心底驚きました。栃木はあんまり郷土芸能というものが認知されていないと思うので、…まさかまさか…なんで…どうして…本当に!?というのが本音でした。実行委員の方の色々な縁が繋がって、招待が実現したもようです。本当に、よくぞやってくださった…!
公演が行われる唐澤山神社も、それまで私は全く知らなかったのですがとても素敵な神社でした。立派な神楽殿もある。普段は使われているのだろうか…?昔はお城があったらしく、城壁が残っていて、そこに神社が建っているのでした。



郷土芸能が地元の人々にとって身近である事が多い岩手と違って栃木では知らない人の方が多いと思うので、公演を見に来る人たちを眺めていると綺麗なよそ行きの着物を着た方が結構いらっしゃいました。岩手の地元の方々はラフな感じで見に来ますし私もそれに慣れていたので最初はびっくりしましたが、でも考えてみたら、そうなるかもなあ。多分、歌舞伎や能を見に行く感覚なんだろうなぁ。だって世界遺産に選ばれた神楽ですもんね。
私にとって栃木のほうが地元なのに、岩手の神楽を楽しみに見に来る方々を眺めて、とてもニヤニヤしてしまいました。特に、初めて見るっぽい方の反応に…。なんかすみません…。

神楽鑑賞になじみがない人が多いため、鑑賞時のポイントなどの説明もあって逆にとてもありがたかったです(笑)。終了が夜なため、各自懐中電灯をご持参ください、とか、雨天の場合はレインコートを…など案内に書いてあったりしました。掛け声のタイミングとか、お酒飲みながらわいわい見ていいとか、手拍子歓迎とかそんな感じで。
観客の方々が、そうなんだ、へ〜、緊張しないで見ていいんだな、と理解したところで公演が始まりました。


舞はすばらしいものでした。もちろんです、もちろんですとも。でも驚いたのが観客の反応でした。
とんでもなくノリが良かったのです。
岩手で神楽を見てても掛け声拍手たくさんあって雰囲気いいですが、こんなにノリノリな雰囲気は私は初めてでした…。
だいたい舞の中でキメの場面があって、掛け声や拍手はそこで「ワー!!」と出るものですが、佐野公演での観客はそれ以外のところからすでに「おおおおお」「ワー!!」と連発でした。
三番叟で一気に火がついた気がしました。それから権現舞まですごかったです。
手拍子もしょっちゅう出ました。
観客の反応が良すぎて、舞もますますキレが良く見えて、かっこよすぎました。

演目のたびに素敵な衣装に反応があったり、激しくなってくる舞に歓声も沸き立ったり、権現様に驚いたり、演目が全て終了したあとに司会の方による神楽の保存会の紹介などがあったんですが、歓声と拍手喝采でした。真っ暗な唐澤山から歓声が…。ドームコンサートでもあったかのようです。

本当に感動しました。感動しまくってる栃木県民に感動です…
うちの県の人たちってこんなに熱かったんか…
岩手の神楽を栃木の人が見ることに対して「ドヤァ…」な気持ちだったのも通り越して、嬉しくてたまらなくなりました。
わかる、その気持ちわかるよ、そしてわたしの気持ちもわかっただろう!?だからこんな郷土芸能の追っかけになったんだよ私は…(ノД`)

大償神楽の方々、栃木に来てくださって本当にありがとうございました!!!どれだけ感動を与えられたかはきっと肌で感じ取ってくれたと思います。あの歓声を喜んでもらえてたらいいなあ。

栃木の人も、郷土芸能ってなんかすごいんだね!!と思う人が増えるといい!!!


最後に、神楽が神がかっていた証拠にこの日午後から雨(夕立)予報が出ていまして(栃木の夏の夕立はひときわ激しいのです) 公演中に雲行きが怪しくなり、ゴロゴロ・・・と雷まで鳴り出したのに、結局雨は降らずにすみました。
ゴロゴロっと音が聞こえてそのまま何もないなんて、あんまりないことです。
ですがうわさによるとその日夕立はちゃんと来たとのこと。。
どうやら唐澤山にだけ降らなかった模様…?

岩手の芸能を見る時にたまにある不思議な現象ですよね…


つづきから写真集です
鳥舞 




三番叟



山の神





鞍馬



天照五穀






権現舞

神楽 comments(0) -
Comment








Material by 歪曲実験室。
Template by malo pismo
Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.