THE SASARA 2013年公演
131117_1201~01.jpg

11/17に江刺のササラホールで行われたTHE SASARAを見に行ってきました!
第一回と第二回も行きまして、今回の三回目でいったん終了なのだそうです。
でも「鹿踊の演目をノーカットでやる」という試みは素晴らしいのでぜひともまたやってほしいです。それぞれの団体さんの持つ演目の再確認や復活などにも貢献していると、聞いたことがあるようなないような… 妄想だったかな…

写真、ビデオ撮影は一切禁止でしたので、ロビーに飾ってあった地ノ神鹿踊の衣装のみです↑。
どうしたら横向きに貼れるのかわかりません(わかってから貼れよ!)
餅田鹿踊さんの鹿踊全身衣装もあったのですが撮り忘れました。。でも「展示用の衣装かなぁ」とおっしゃっていたような気がします… 妄想だったかしら…
公演は、ノーカットだろうがあっという間でした。一切記録できないので目に焼き付けねばなりませんし。
大迫力でした。見に来てよかったーー!!!

出演団体は以下の通りです。演目も。
金津流野手崎獅子躍 (三光の儀)
奥山行山流清衡鹿踊 (礼庭)
金津流井手獅子躍 (島霧)
奥山行山流地ノ神鹿踊 (鉄砲踊)
清水目八鹿踊 (坊主踊り)
奥山行上流餅田鹿踊 (二番庭)
春日流上ノ山鹿踊 (綱踊り)
金津流石関獅子躍 (案山子踊)
金津流野手崎獅子躍 (雌獅子隠し)



野手崎獅子躍さんは、梁川金津流鹿踊という名前から改名したようです。
清水目(すずのめ)八鹿踊さんは宮城県栗原市の早川流という流派の鹿踊です、私お初でした!うわさには聞いてましたが…!!!
は、早い!早いから早川流なんですか?ってくらい、見知った鹿踊とテンポが違いすぎてびっくりしました。早送りで見てるみたいでしたw でも宮城の鹿踊ですし、こちらの方が鹿踊の起源に近い形なんですかね?衣装もバッサバッサしていて異様な雰囲気抜群です。
坊主踊りということで坊主(道化)が出てくるわけですが、気仙沼の早稲谷鹿踊にも道化がいたなぁ!つながりがあるのかなぁ。
道化が女鹿を探してる鹿さんをからかってウソばかり教え、怒らせる、というストーリーのようですが、道化と鹿の会話がかわいくてたまりませんでした。坊主は普通に鹿に話しかけるし、鹿さんも「ウンウン」とうなづいてて何ですかあれ可愛すぎる…。どうでもいいですが坊主の言う「鹿さん」が訛ってて「スカさん」に聞こえて、最初普通にこの鹿のあだ名なのかなと思っていました。

あと初めて見た鹿さんは清衡鹿さんと地ノ神鹿さんでした。やっと見られて嬉しいです。
個人的に、清衡鹿さんと地ノ神鹿さんのお顔が好みだったので見るのが夢でした。背中の「ながし」に和歌が書かれてるデザインもすごく好きで目がハートでした。表現が古い上にかっこいい言い方ができない。
地ノ神鹿さんの「鉄砲踊り」も素敵でした。
鉄砲踊りは以前のTHE SASARAで石関獅子躍さんがやっていました。存在は知ってるものの、なかなか見る機会がない演目です。面白かったのは石関さんの時と若干内容が違ったとこです。倒れる鹿の数も違う。石関さんは(というか金津流は、だと思いますが)中立と雌獅子以外全員倒れて、地ノ神さんは一頭だけなんですね。他の鹿踊でもまた少し物語が違うようで、、全部見てみたい〜〜
ただ、倒れた鹿を憐れむように中立と女鹿が呼応するように唄い合うのは同じで、もう素敵すぎました。
鹿踊って毎回言ってますがほんと歌詞がまた、情感ありすぎて素敵です…。たまらん…。
「友鹿を 一つ撃たれて 泣くな騒ぐな 池のおしどり 池のおしどり」
とか うおお〜…(唸るしかない感想って)
個人的に、倒れた鹿が気が付いて起き上がるときに別の鹿さんが手をひっぱって起き上がらせてあげる所が好きでした笑

石関獅子躍の案山子踊り、すごかった〜〜。案山子に驚いて鹿さんたちが警戒し、なーんだ案山子かぁとわかるまでがやっぱりノーカットなのでいつもよりずっと長いのですが、おかげで鹿のビビり度が増して見えておかしかったです笑。案山子とわかるまで、鹿さん達は太鼓のフチだけを弱い音で叩いていますが、「案山子だったー!」とわかった瞬間ダァン!とでっかい音だすところがいいです。会場がビックリします。

最後の野手崎獅子躍の雌獅子隠しもまた、すごかったー!!踊りは、夏の北上みちのく芸能祭りで石関獅子躍さんが躍ったものと同じでしたが、ド迫力でした。北上まつりの記事でも書きましたが、金津流の雌獅子隠しは奪われた雌獅子を満身創痍で取り返しにいく!っていう感じがたまんないのです。かっこいい…!
雌獅子を取り返したあと雌獅子が一人で狂いますが、あまりにも力強いので守られてるだけの女じゃないぜー!って見えてかっこいいです笑。むしろ「本気出せば一人で帰れるけど」とすら感じます。


マニアックなイベントなのかもしれませんが、会場を見ると地元の方々もいっぱいいて、地元の芸能が愛されてるんだなぁ〜って感じました。いいなぁ…うらやましい…。
それと、もうすぐ江刺の鹿踊の図鑑ができるみたいなので届くのが楽しみで楽しみで仕方ありません。
遠野郷の幕踊り系鹿踊の図録なら出てますが、とうとう太鼓系で出るんですね。これもう垂涎ものですよ。

それと、会場で縁あって頂いた山形のシシ踊りのチラシを見て、、、
いやあ…存在は少し知ってたんですけど、自分が思った以上にいっぱいあるようで…結構衝撃的でした… これは…いつか見に行く鹿…!!!!


会場でお話ししてくださった方々、本当にありがとうございましたー!

 
鹿踊り comments(2) -
Comment
鹿踊マニアさん>
そうでした、遅れましたが、チケットの件本当にありがとうございました!電話が苦手なもので、まごついてたら手配してくださって、、情けないです!公演、ぜひ検討してもらえたら嬉しいです、絶対見に行きます!!
それと図鑑届きました!こっちの意味でもザ・ササラに行ってよかったーと思っております!図鑑に関しては、ブログ記事で騒ごうと思います笑
from. 片栗 | 2013/12/09 9:44 PM |
ありがとうございました。 遠路はるばる・・・ゆっくりお話しできなくて・・・すみません。 けいこさんから片栗さんが来られるのでチケットくださいと言われ嬉しかったです! 出来れば何年かに1回でもこの公演(フルバージョンでなくても)が続けられたらいいとは思うのですが・・・鹿踊団体にとってもいい刺激になりますし。 鹿踊図鑑届かれましたら感想をいただけると幸いです。 要望や希望とか(汗) 今後とも宜しくお願い致します。
from. 鹿踊マニア | 2013/12/06 8:56 AM |








Material by 歪曲実験室。
Template by malo pismo
Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.