百鹿繚乱
131205_2110~01.jpg

江刺の鹿踊の図鑑なるものが出版されました!
こんなの、、こんなのずっと待ってた!!
「THE SASARA」公演に行ったときに会場にこれの製作途中の見本が置いてあり、その場で申し込みをすれば発行された時点で送ってもらえるというので、そりゃもう買いでした。これに出会うためでも、あの日あの公演を見に行ってよかったなぁなんて思いました!

内容は江刺地区に伝承されている鹿踊の団体をひとつずつ紹介するもので、装束を分解した写真まで載ってて素敵すぎます。行山流系と金津流で占めていますね。。紹介されている鹿踊団体も「創始相伝の古い順」となってる所がまた胸が熱くなります。

細かいところまで読めば、この団体にしかない模様、この流派にしかない模様とかが分かって、次から鹿踊の見方が変わる事間違いナシですね。

個人的にカバーを外した裏面がありそうでなかった(?)鹿踊の系統略図が載っていてかなり感動しました!
私もあんまり細かく団体の関係図わかっていなかったので!
行山流ファミリーすごいなぁ…


しし踊りといえば、遠野郷しし踊り図鑑なるものも何年か前に出ておりますね!
これもかなり濃い内容でファンにはたまりません。各団体のししのお顔がずらっと並んでたりもして覚えて見分けられるようにもなります。デザインがすごすぎるので芸術として見るだけでも価値ありですねぇ。
http://www.amazon.co.jp/%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%81%A7%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B-%E9%81%A0%E9%87%8E%E9%83%B7%E3%81%97%E3%81%97%E8%B8%8A%E3%82%8A%E5%A4%A7%E5%9B%B3%E9%91%91-%E4%B8%AD%E9%87%8E%E5%95%86%E5%BA%97/dp/4990527208/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1389881986&sr=8-1&keywords=%E9%81%A0%E9%87%8E%E9%83%B7%E3%80%80%E3%81%97%E3%81%97%E8%B8%8A%E3%82%8A

 
鹿踊り comments(2) -
Comment
鹿踊マニアさん>
本当、編集お疲れ様でした!ファンには垂涎の一冊となりました。でも、この百鹿繚乱と遠野のしし踊り図鑑を合わせても岩手の鹿踊を網羅しているわけではないってとこが、改めて考えるとすっごいなー・・・と思います。
from. 片栗 | 2014/03/02 5:29 PM |
ありがとうございます^_^ 自分が言うのもなんですが、私と野坂くんの2人でつくったようなものです。 なので私の名前が載ってしまいました。
from. 鹿踊マニア | 2014/02/19 11:24 PM |








Material by 歪曲実験室。
Template by malo pismo
Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.