08年北上みちのく芸能まつり
今年の祭り(2日目)では、どうしても見たい芸能さんがあちらこちらの会場にいたので走り回ることにしていました。
ただ、マラソン大会で学年15位だったのも中学生の時の話です(それも一度だけ)、あれから順調に持久力というものを失っていってもはや今では150メートルあまり走っただけで息ぎれる状態となった私がはたして走り回れるんだろうか…という不安から微妙に目を逸らしつつ当日が訪れました。
すると、いつも立ち寄る北上のお店のおばちゃんが「貸し自転車があるって新聞で見たのよ」といいます、あれ、観光案内所の人には「ない」とはっきり言われたんだけどなぁ。(よく聞かれるので検討中です、とは言われました)
でも貸し自転車は本当にゲットできたのでした。おばちゃん教えてくれてありがとう…!!とても探した…さくらのの近く…あ、あんなところにあってはわからない(泣)
ああ…あの人貸し自転車乗ってるわ…というのが丸分かりでももうどうとても思えと思って風を切って街中を走り回ることができました。

私のプランは
詩歌の森(鹿踊りは絶対見逃したくない)

駅前広場で三本柳さんさ踊りと原体剣舞をみる

さくらホールで石関鹿踊りを見る(詩歌の森ではスケジュール的に無理だったのでした)

でも全てが時間通りに行くわけではないですから、この強行スケジュールでは少しは思い通りに見られないものはあるだろうなと思っていました。
が、なんと全部間に合ったのでした…
ただでさえ雨予報だったのが快晴スタートで、半信半疑で探した貸し自転車がほんとに見つかり、その上見たい公演が全部間に合ったなんて!神様が全面協力してくれたとしか思えませんでした…!神様ありがとう!

駅には原体と三本柳が目的ですっ飛んでいきましたが、そこで初めてみた犬吠森念仏剣舞に一番目を奪われたかもしれません…。駅前は舞台の配置を変えたのですね〜、うまいこと端っこからもぐりこみ前列で見られました!

ただ、やはり最近どんどん気になるのが観光客のマナーでして…後ろの人が見えないと可哀想だから、という考えを持たない人が、ほんと、、多いですよね、、、それで後ろからヤジを飛ばす人も…。そして開き直って座らない人…とか… 双方そんな汚い心で芸能を見ないで欲しいもんです… それと…カメラも……随分立派なカメラを抱えてる方がおられましたがどまん前に割り込まれてしまいました… ちょ… あ、あの〜…(泣笑)ファインダーばかり覗いてないで、芸能を見ましょうよ… 悲しくなる…
私もビデオ撮影してますが、なるべく自分の目で見てたいので家に帰ってDVD確認すると被写体が画面から外れてたりして酷いものです(笑)

話は戻って、原体剣舞が終わったらマッハでさくらホール!の予定でした。時計を見ると駅前公演は早めに進んでいるらしく、原体剣舞が終わっても余裕でホールに行ける…やった…!と思ってたら、時間の調整か何かでしばらく祭りの説明タイムが始まってしまいました。な、なにぃ。でも各会場でそれぞれこうやって時間調整してるんでしょうね…。原体の公演が終わったらママチャリを立ちこぎで(恥は捨てる)諏訪神社から聞こえてくる神楽の囃子の音に後ろ髪引かれながらもさくらホールに到着!…したとたん石関鹿踊り公演が始まりました。や、やった…間に合った!周りの方々、汗臭かったらごめんなさい
さくらホール公演はもう残り2公演だったのに入場料払ってまで見に来る私はバカかもしれない、でも見なかったらもっと後悔してました。
シーンとした、音の響くホールで見る石関鹿踊もかなり素敵でした。唄がすごく響いて…美しいです!観客凍りついたはずです!迫力もものすごく、隊列も崩れることなく美しく…!斜め上から見ていましたがどの角度からみても鹿踊りって美しいですね!!そして3頭のササラが一瞬にしてからまって(しかも綺麗に)はずれなくなるハプニングが!ぞ、ぞくっとしました。それすら美しかったです、こういうアクシデント?を何故か私はあまりアクシデントと思わず、ひたすら素敵だと思ってしまう…。岩農鹿踊でも口内鹿踊でも原体剣舞でもハプニングを見ましたが、またその対処も…つい、イイなあ〜っ とか思ってしまう…っ。あ、自分の嗜好がおかしいのは十分承知です

このさくらホールではゲストの貫井囃子さんがすごかったらしいですね!パレードでだけ見ましたが、、「!!?」 あれは子供さんなんですか、ちいさいおじいさんですか… 何か降臨してるとしか思えない動きしていましたねぇ…!

雨が降ることなく夜のパレードまで決行、本当に嬉しかったです!夜のみの参加でどうしても見たかった鶴羽衣鹿踊も見ることが出来ました!…思ってた位置よりだいぶずれたとこまで行ってしまったので、音はあまり聞けなかったのが悔やまれますが…。ここもまた唄がすごいお声してらっしゃる…!(…鹿踊群舞なので、かすかにしか聞こえないのですが…)動きも素敵でした、ちゃんと真正面からいつか見たい芸能さんです!衣装も金津っぽくない気が…?!後ろしばってなくて幕がおっきい感じがしました。模様も!面白いです!

もうそろそろ北上祭りも常連化しているのに、相変わらず発見が、ときめきが、あります。底知れぬ魅力があるのですね…。だいたいプランを立てたら失敗する方が多い私が、こんなに計画通りに回れたのも奇跡でしたし、何より来られるか分からなかった友人Eさんが来られて、一緒に芸能見られたのが一番嬉しかったです!うう〜良かった!熱い話もいっぱいできて!
岩手県のかみさまありがとう!

これからまた時間のあいた時にでも各芸能についてしつこく語りたいと思います。
お祭り・イベント comments(4) -
Comment
>イーハトーヴさん
空港でイベントなんてやってたんですかあ、見送れるのがいいですね!高校生の踊り、私も本当に感動します。最初の最初に「保存会の方の演技が一番だろう」とか思って見ようともしてなかった自分をぶっとばしたいくらいですよ…。どの高校の団体もすごく一生懸命で、そこにまず驚きました。創作ダンスとは違い伝統も背負ってるんですもんね、そこにまた郷土愛のようなのも感じますし、感動しないわけないです。高校生で郷土とその文化を愛せるって、私の地元ではあまり見かけないので、素晴らしい事です。
心の底からそんな高校生活がうらやましいです!
部活かけもちだったりもするのですか…ますますじわっときますね。中野七頭舞、若いメンバー構成でもいつ見てもすごく輝いてますよね!
from. 片栗 | 2008/11/08 10:59 PM |
そうでした。葛巻高校でしたね(;´▽`A``
全国大会初出場でさぞ喜んでいる事でしょうねえ^^

私は高校生の演舞を観ながら一人で涙が溢れてきてどうしようもないんです。(周りを見ても泣いてるのは私だけ)
私は花巻空港で仕事をしていまして、毎年高文祭の直前に行なわれる空港のイベントが最後のプレ本番となります。
一日中彼等と一緒に過ごすんですが、皆本当に良い子達なんです。
お互いに衣装を着せ合ったり、じゃれ合ったりして^^
あ〜みんな仲良しでいいなあって思うんです(*´∇`*)

なんか私も彼等が可愛くて仕様がなくなっちゃうんですね。
その子達がいよいよ本番を迎えるわけですが、応援に行っている私の方がドキドキしたりします。ww

そして…そこ子達が舞台で一生懸命に且つ楽しそうに踊っている姿を観ていると自然に泣けてくるんです。
(歳を取ると涙腺が弱くなって)(/_<。)ビェェン

勿論、他の高校の演舞を観ていても良く泣いてます^^
私は演舞の裏にあったであろう「練習」を鑑賞するようにしています。
どの芸能も簡単なものは無いんです。
お客さんの前で唄ったり踊ったりするのは
ものすごいプレッシャーが掛かるものです。

それをまだあどけない高校生が立派に演舞している様子を観ていると鹿踊りでなくても感動します。
中には単独のクラブではなく、野球部やテニス部の生徒達が
自分の部活が終わってから練習して来ている団体さんもありますね。
中野七頭舞などがそうです。

雫石高校の生徒達が山に向かって大きな声で「ヤッコラチョイハヤッセ〜」って何度も繰り返し練習している映像を見ただけで、ウルウルしてきます。(泣きすぎ?)

こんな裏話を知った上で観ると又一味違ってくるかも知れないですね(*´∇`*)
from. イーハトーヴ | 2008/11/07 3:06 PM |
>イーハトーヴさん
初めまして、コメントありがとうございます!
わーっ春日流の方でいらっしゃいますか…しかもかがり火に出演されてたのですね!こちらこそ感動をありがとうございます、本当に…。春日流はいつも北上祭りで見られる範囲でしたので、かがり火でたくさん見られて嬉しかったのです。シロートながら一生懸命金津流や行山流との違いを探してみたりと楽しませていただきました。
鹿踊りのハプニングを美しいだなんて言うと怒られてしまうかなと思っていましたが…でも正直な気持ちです!石関さんの合わさり方が綺麗すぎて(うう、すみません^^;)そのうえどの団体さんでも太鼓が休む事がないのが す、すごい! とつい感動してしまいます。
総文祭のは、そうなんです去年のなのです^^; 今年選ばれたというのは葛巻神楽さんですね!ネット新聞で見ました(笑)。去年でも見なかったのでどんな公演だったのかとても気になります。でも今年もきっとどの高校も素晴らしくて選ぶのに苦労したろうな…と思います。
知識もないのにミーハーに書き連ねたようなブログでお恥ずかしい限りですが温かいお言葉ありがとうございます!せめて普段気にとめてない方などに郷土芸能というものを知るきっかけにでもなればな、と思ってます。私も少しずつ知識に深みが出てくるといいなぁ…と期待しながら…笑
from. 片栗 | 2008/11/07 11:24 AM |
初めまして^^
私は花巻市で春日流鹿踊りを踊っている者です。

私もこの会場にいました。
石関さんのハプニング覚えています。
私もそのハプニングさえも美しく感じた一人です。

私も携わってるので良く解りますが、ああいう時は本当に慌てるものですね。
しかし、石関さんは全くひるむ事無く
踊りを繋げておられましたね。

あのハプニングは我々を更に驚かせる要因でもありました。
片栗さんが惚れ込むのも納得です。

春日流はご覧になった事が無いようですが、
それでもいいんです。
とにかく鹿踊りのファンがいてくださる事が
嬉しくてコメントさせて頂きました。
from. イーハトーヴ | 2008/11/06 11:24 PM |








Material by 歪曲実験室。
Template by malo pismo
Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.